加齢臭の原因はノネナールにある!

加齢臭の原因は、ノネナールという物質にあります。
ノネナールは、不飽和アルデヒドの一種で、皮脂腺に存在する脂肪酸と過酸化物質が結合することにより発生します。
ノネナールは若い人には発生しにくい物質であり、加齢によって発生しやすいと言われているため、加齢臭と言われるのも納得いきます。
中高年の男性に加齢臭が多いとされている原因には、40歳を過ぎると、過酸化物質の分泌が増えるためだとされています。
また女性にも加齢臭はありますが、男性の方が皮脂腺の活動が活発なため、加齢臭の原因であるノネナールが増加しやすいことが男性の加齢臭が多い理由でもあります。

 

また、加齢臭と体臭を同じだと考えている方も居るようですが、全くの別物です
体臭にも色々ありますが、男性特有である「男くささ」というものと混合しがちですが、男くささというのは、わきの臭い成分であるアンドロステノンが関係していると言われています。
加齢臭の原因はノネナールにありますから、全くの別物という訳です。
また、中高年の方はタバコを吸っている方が多いようですが、それも加齢臭を発する原因となっています。
タバコを吸うと活性酸素が増えるとされていますが、この活性酸素が臭いの原因であるノネナールを多く作ってしまう原因になってしまうんです。

加齢臭は中高年になってしまえば、誰にでもなってしまうものだと思っていませんか?
加齢臭は、早いうちからの対策をしておけば防ぐことができるのです。
ですので、早めの対策を行い加齢臭を未然に防ぎましょう!