加齢臭が出る場所

加齢臭は体のどこから出ているのでしょうか?
イメージとしては、体全体から臭っているものと考える方が多いかもしれません。
加齢臭の出ている場所として挙げることができるのは、
■耳の後ろ
加齢臭が出ている場所としてよく聞かれます。
耳の後ろは、皮脂腺が多い場所というのと、体温が他の場所よりも高いということがあります。
体温が上がると臭いが強くなってくるので、それに関係しています。

■Tゾーン
顔のTゾーンも加齢臭を出している場所だと言われています。
Tゾーンはどうしても油の分泌が多く、テカっている部分です。
皮脂の中で臭いの原因となるノネナールが作られているのですが、油などの汚れが詰まってしまったままの皮脂を放っておくと加齢臭を出しやすくなってしまうと言われています。

■首の後ろ・頭皮
加齢臭は皮脂腺の多く集まっている部分から出やすいと言われています。
例えば、枕や布団に加齢臭が染みついてしまったなんて聞きませんか?
それは、加齢臭が首の後ろや頭皮から出やすいことが原因になっています。

以上挙げた場所は、清潔にしておけば加齢臭を防げる場所です。
普段清潔を心がけていれば、加齢臭対策に繋がります。