加齢臭に関係している活性酸素

活性酸素という言葉を耳にしたことはありますか?
よく耳にする言葉だと思います。
活性酸素は老化や病気の90%を占める原因であるとされ、活性酸素=毒とされています。
活性酸素が加齢臭にはなかなか結びつかないですが、実は関係しているんです。
加齢臭の原因となるノネナールは過酸化物質と脂肪酸によって作られますが、過酸化物質は活性酸素と共に増加していきます。
活性酸素が増加する=過酸化物質が増加するということになってしまうんです!
では、活性酸素が増加してしまう原因は何があるのでしょうか?
■ストレス
ストレスにより体の内部がやられてしまう、特に胃が悪くなってしまった、などよく聞くと思いますが、それは活性酸素が原因であると言われています。
■運動過多
適度な運動は加齢臭予防にはとてもいいことなのですが、激しすぎる運動のし過ぎは逆に活性酸素を増加させてしまいます。
■喫煙・飲酒
タバコは、発がん性があるとして知られていますが、発がん性のあるタールやニコチンの他に過酸化水素が含まれています。
過酸化水素は活性酸素であり、タバコを吸ってしまうということは加齢臭の元になってしまう活性酸素をそのまま吸っているということになってしまうんです。
また、飲酒をした場合、アルコールを体内で分解する際に活性酸素が発生します。

上記挙げたような原因により活性酸素が増加してしまいます。