加齢臭って?

加齢臭は「おじさんの臭い」と言われ、40歳を過ぎると、中高年特有の体臭が姿を現し始めます。
自分は臭くないから大丈夫なんて過信していませんか?
「おじさん」の特有の臭いとして知られている加齢臭ですが、女性にも臭いは現れ、更に中には20代から臭いを発する人も出てきています
通常は、40歳を過ぎた辺りから酸化を抑える力が低下し、脂肪酸と過酸化物質の分泌量が増えます。
それによって、加齢臭の原因と言われる「ノネナール」が急に増加してしまうことによって臭いを発してしまうと考えられています。
上記の通り、加齢臭はおじさん特有のものではなく、女性にも見られるものです。
では、何故加齢臭はおじさん特有のものだと思われているのでしょうか?
女性は、女性ホルモンの作用により加齢臭の臭いの原因であるノネナールが作られにくいといとが挙げられます。
更に、女性は臭いに敏感でありよく気をつかうため、そこまで女性が加齢臭を発すると知られていないため、男性特有のものであると思われているのです。

今ではよく加齢臭とTVの番組などで取り上げられていますが、昔は加齢臭という言葉はありませんでした。
加齢臭という言葉が出始めて、知られるようになったのは、2000年に加齢臭の原因とされるノネナールが発見されてからです。
わずか11年という短い間で、これほどまでに加齢臭という言葉が有名になったのは、それほど加齢臭に悩んでいる方が多いということなのです。