加齢臭予防は食生活から!

加齢臭の臭いの原因であるノネナールは酸化によって発生します。
ですので、加齢臭予防はこの酸化予防から始まります。
酸化を予防するためには、食生活を改善することが一番です
酸化を抑制する栄養素は「ビタミンC」「ビタミンE」であり、この栄養素を含む食品を多く摂取する必要があります。
特に「ビタミンC」は強い抗酸化作用があるので、加齢臭予防に欠かすことはできません。
また、現代の食事は欧米化が進んでおり、肉類中心の食生活になってきました。
肉類を摂取するということは、動物性脂肪を多く摂取することになりますから、脂肪を摂りすぎる=皮脂腺が活発になるということに繋がり、加齢臭を引き起こしてしまう原因となる他に体臭を強くしてしまう原因となってしまいます。
その欧米化した食文化を変えていく上で大切なのが、日本人の基本である日本食です。
お米や、大豆はもちろんそれらを加工して作られている味噌、豆腐、魚介類などなど・・・
日本食には加齢臭を予防してくれる食物をたくさん使用しています。
日本食に合う飲み物のお茶にも、加齢臭を抑えるカテキンが含まれています。

全ての食事を日本食に変えるというのは、大変なことですが、一日1食というだけでも日本食に切り替えてみるということだけで違ってきますので、是非実行してみてください。