香水で消そう!

一般的な加齢臭対策として香水の使用が挙げられます。
香水を使用することにより、加齢臭を消すことができます。
しかし、香水の使用法にもルールというものがあり、それを破ってしまうと加齢臭を消すどころが逆に周りの人に不快感を与えてしまいます。
加齢臭をそのままにして、香水を使用してしまうと両方の臭いが混ざってしまい、更に嫌な臭いを発してしまいます。
そして、香水を多く使用すれば香水の匂いだけが際立ってしまい、周囲に嫌な思いをさせてしまいます。
香水がとてもいい匂いであっても、香水の匂いを好まないという人は意外に多いものなのです。
効果的な香水の使用法として、
■あらかじめ消臭スプレーを使用する
■香水は身体全体に行きわたるように使用する

と効果的に香水を使用することができます。
また、香水を手首に直につける方もいるでしょうが、その時に服にも香水がついてしまい、なかなか匂いが落ちない場合も出てきます。
香水をつけてしまった洋服は、きちんと洗濯しておきましょう。
匂いが残ったままになっていると、再度香水を使用した際に強い匂いになってしまいますので、思ったより周りに不快な思いをさせてしまいます。