生活習慣の改善が加齢臭対策に!

加齢臭の原因は、ノネナールや活性酸素にあります
ノネナールや活性酸素は生活習慣によって量が変わってきます。
生活習慣を改善する=ノネナールや活性酸素の量が減る
ということに繋がりますので、加齢臭対策になります。
生活習慣を改善するポイントをいくつか紹介します。
■食習慣の改善
■禁酒・禁煙
■適度な運動
■ストレス発散

それぞれをきちんと改善していけば、加齢臭の予防・対策になります。
特に、禁酒・禁煙はとても難しいものです。
現代の世の中はストレスと切っても切れない縁があります。
それを発散するために、タバコ・お酒を利用している方も多いと思います。
しかし、加齢臭が気になりだして、加齢臭予防として食生活をいくら改善したからといってタバコを吸っていては全てが台無しです。
タバコは、それ自体から加齢臭の原因となる活性酸素を含んでいるため、活性酸素を吸っているようなものです。
なるべくならば、徐々に減らしていき禁煙を目指しましょう
お酒は、少量ならば逆に活性酸素を減らしてくれますが、なかなか少量で済まないのがお酒です。
多量のお酒は活性酸素を増やす原因となってしまいます。
そこで、普段飲んでいるお酒を赤ワインに変えてみませんか
赤ワインにはポリフェノールが多く含まれます。
ポリフェノールには活性酸素による酸化を抑えてくれる働きがあり、加齢臭も防いでくれるんです。
防いでくれるといっても、「適量」を摂取した場合のみですので、多量の摂取には気を付けましょう。