女性にもある加齢臭

加齢臭といえば、中高年のおじさんのイメージですが、加齢臭の臭いの元であるノネナールは男女共に差はなく、40歳以降に増加します
よって女性にも加齢臭は存在するのです。
加齢臭は、女性よりも男性に多く発生しますが、顔などの皮脂腺が多い部分から若い女性でも加齢臭がする場合もあります。

また、女性ホルモンが分泌されている間は加齢臭を防ぐことができます
女性ホルモンによって、ノネナールを急増させてしまう原因である酸化に対する抑制力が男性よりも強くなっていますが、閉経によって女性ホルモンが低下してきてしまうと、それも同時になくなってしまいます。
女性ホルモンが低下してしまうと、男性と同じ条件になってしまうため、閉経後の女性は加齢臭を気にする方が増えてきます。
女性の加齢臭が増加してきているとはいっても、加齢臭=男性のものというイメージは変わりません。
その分、加齢臭のある女性は、コンプレックスも大きくより深く悩むことが多いでしょう。
その精神的な面も加齢臭の発生に関係していますので、ネガティブに考えず、対策を行っていくことが大切になってきます。